トップページへ戻る

クリーン搬送機器工場増設、稼働開始
半導体需要の増加に対応
さらなる微細化?高付加価値機種の生産性を強化

2020年1月24日

 シンフォニアテクノロジー株式会社(代表取締役社長:斉藤文則、本社:東京都港区)は、半導体装置需要の増加に対応するため、豊橋製作所内の既存のクリーン搬送機器工場(敷地面積約9,000m2)の西側に新たに4,180m2の建屋を増築しました。工事は2019年12月10日に竣工し、2020年3月2日からの本格稼働を開始します。

 シンフォニアテクノロジーの中核事業の一つであるクリーン搬送機器事業は、主力製品であるロードポート(半導体製造装置に材料を供給するインタフェース部分で、装置側を高クリーン度、外側を低クリーン度とすることで、クリーンルーム建設?ランニングコスト等を抑制する効果がある)では、世界No.1のシェアを持ち、主な大手半導体製造装置メーカーへ採用いただいています。
さらに、真空搬送システムやウェーハソータを含めた付加価値の高いEFEM(大気搬送ウェーハロボットを設置し、前面にロードポートを取り付けたモジュール機器)など、製品領域の拡大を進めています。

 生産面では、主に国内の豊橋製作所で高付加価値機種の開発と生産、タイの現地法人では従来機の量産を行うなど、国内外で効率的な生産体制の構築を進めてきました。
 一方、半導体市場につきましては、米中貿易摩擦などの影響もあり、伸び率が鈍化していましたが、昨年後半から一部で復調の兆しが見えてきました。今後、スマートフォンなど携帯端末の高機能化に加え、IoTやAI、自動運転などの次世代技術の普及に向け、拡大基調となると予測されています。

 これらの状況から、現中期経営計画(2018~2020年度)では、当事業における売上高を2017年度の132億円から、最終年度の2020年度で200億円以上の達成を目指しています。しかしながら、2007年に建設された現在のクリーン搬送機器工場の生産能力の限界が近づいており、中計の目標達成のためにも工場の拡張が必要となりました。
 この工場拡張による生産能力の増強やクリーン度アップにより、微細化対応や付加価値が高いEFEMや真空システムの比率アップを進めていきます。更には、クリーン搬送技術を応用した、細胞自動培養システムをはじめとする、再生医療関連技術の本格的な開発にも一層注力していきます。

クリーン搬送機器工場外観

クリーン搬送機器工場

【クリーン搬送機器工場、拡張の概要】

1. 拡張面積
建屋増築4,180m2
*既設第1工場(敷地面積約9,000m2)西側に増築
2. 生産能力(クリーン搬送機器事業?国内外合計)
従来 175億円/年 ? 新設後 250億円/年
3. 竣工
2019年12月10日
4. 稼動開始
2020年3月2日
5. 投資金額
約16億円(設備等含む)
本件についてのお問い合わせは下記まで御願いします。

【報道関係様?お客様】
シンフォニアテクノロジー株式会社
総務人事部広報グループ 担当 嶽本(だきもと) Tel.03-5473-1803

お問い合わせ

<< ニュースリリース一覧に戻る

三级网站/古代级a毛片免费观看/欧美国产日韩中文字幕/美女自慰视频